751〜800

10個ずつに区切っています。上にくるほど新しいです。

いばらの靴で踊る
ダブルスパイラル
偽りの神に愛された無垢なる子供よ、汝にしばしの幸福を与えん
聖者に捧げるレクイエム
それは約束という名の
愚者に荊棘の冠を
捧げられし無垢なる仔羊
その日常は屍のうえ
まわるまわる、悲劇のなか おどるおどる、おろかな道化
世界が色をなくす前に

暁のカラス
神様のチェス遊び
罪深きイノセントローズ
葬送曲、雪
はじまりは赤い糸
優しい嘘は思い出と共に
サクリファイスを讃えよ
たすけて、このままでは僕はおぼれてしまうよ
健全な夜のおつきあい
EnnuiPrincess

ラストダンス、ムーンワルツ
この静寂を切り裂いて欲しい
音の始まり、世界の終わり
それは赦しにも似た祈り
NOといえば嘘になる
スノーランド・ファンタジー
言葉よりも行動であらわしましょう
世界が終わる合図
熱を持った指先
宵待月下美人

さいごの鐘が鳴る前に(最後/最期)
「海はあたたかいのよ」
「うそのにおいがする」
レディ・グレイのため息
そして世界は色づき呼吸をはじめた
「空が青けりゃ翔べるのに」
はるかな星をめぐる旅
初恋をなくした少女(⇔少年)
最後の恋を探す少年(⇔少女)
なにも知らない夜のために

嘘をかぶりて斜に歌舞く
「きみを置いてぼくは大人にならないよ」
ぬるま湯に浸かった友情
七日目の安息
その貴き左胸
幕間にて接吻
惑溺して、沈殿。
縷々として一筋
レクイエムは終わらない
ロマンスグレーのほほえみ