051~100

10個ずつに区切っています。上にくるほど新しいです。

M Maybe...!
SORRY...GAME OVER,LOVE IS OVER.
気持ちはいつも一方通行
月が照らす 紅に染まったわたしたちを
雪消月
夜が泣く
憂鬱な愛の唄
ぱすてるからーのはる
穏やかなオーバード、残酷なセレナーデ
想い、が見つからない

いろはにほへと ちりさくら
花つぼみ
花冷え
桜雨
さくらいろのそら
べにいろかんざし
月夜の晩 舞ふ黒きてふてふ
いろは恋唄
知らないほうが幸せなこと
あふれるほどの  をちょうだい。

渡り鳥は空をつかむ
虹をつかんでみようと思って
この世界に神はいらない
あなたとの邂逅は決して叶わない
西日の射し込む部屋
そうして彼女はほくそえむのだ
この醜くも美しい世界
あなたにサヨナラを言うのそして朝一番の列車でここを去るのよ
さようならって云ってあなたは笑った
涙が出たのは空が青すぎたってことにしておいて

御伽噺はいつだってハッピーエンド
君がそんなにも美しいから、僕はその流れる涙を拭うことができないんだ
アクアマリンの涙
オレンジ色に染まった教室
その先はいわないで
もしも、翼があったなら
映画のワンシーンみたいに
童話のお姫様と村娘
ありがとう、さようなら。
頬を伝う涙に気付いてしまったから

思い出の引き出し
開かない扉
女神の接吻
これからの理想といままでの現実
私+あなた=
日々つれづれ
暗黒マニキュア
安楽椅子の主
都会の朝
私にあってあなたに無いもの、あなたにあって私に無いもの