笑みをたたえたくちびるに、そっと女神からの祝福を

偽りの神に愛された無垢なる子供よ、汝にしばしの幸福を与えん

まわるまわる、悲劇のなか おどるおどる、おろかな道化

たすけて、このままでは僕はおぼれてしまうよ

もう一度死んで、もう一度生まれて、もう一度きみに廻り逢おう

自分的萌えポイントについて本気出して考えてみた

朽ちた花に埋もれ果て、そうして死神は夢を見る

なにげない日常から切り取った世界(瞬間)はとても特別

ゴルゴタの丘で愛のくちづけを(ああ、あなたはこんなにも美しく、貴い)

ねえもういちど、好きだと云って(あなたのその口から、愛のことばを)

それは束の間の平和か、嵐の前の静けさか

春のまどろみ、夏の幻(ゆめ)、秋の楓に冬の空

宛名も書かずに出した手紙はいったい何処へ行くのでしょう。

この世界で一番うつくしいのは 君の涙

一度はなしてしまったら、もう二度とつかめない。

遠い昔を想ってみたって、あなたが帰ってこないことは分かっているの。

ただ微笑んでいるだけの、かわいい女じゃあ ないのよ。

深い深い森の奥、今日も少女は独りで詩を紡ぐ。

褪せてゆく想いを運命だと嗤って片付けた

あなたにサヨナラを言うのそして朝一番の列車でここを去るのよ

涙が出たのは空が青すぎたってことにしておいて

君がそんなにも美しいから、僕はその流れる涙を拭うことができないんだ

私にあってあなたに無いもの、あなたにあって私に無いもの

涙が枯れるほど泣いたなら、あの人は帰ってきてくれるかしら?

ああ神様、そこに僕が生きていたという理由は存在しますか?