「Dear わたし、 ぬるま湯につかった生活は幸福かしら?」
「海はあたたかいのよ」
「うそのにおいがする」
「空が青けりゃ翔べるのに」
「きみを置いてぼくは大人にならないよ」

「残された道、答えは見えているだろう」
「さあ、夜が来ない世界へ」
「永遠をあげる」
「来世に賭けてもいいですか」
「死んだら愛してあげる」
「幸福行きの切符をください」
「泣くほど好きだ、愛してる」
「生まれる前から好きだった」
「愛しかった、それだけだ」
「偽善者ぶったあなたが好きよ」

「愛で苦しみを分かち合えたなら、誰だって苦労しないさ」
「ヤァ、ヨゥコソ冥友(とも)ヨ!」
「左の頬を殴られたら、両頬を殴り飛ばしますが何か問題でも?」
「わたしを知るのはあなただけでいい」
「受け止める勇気なんてないくせに!」
「あたしの愛は高いよ?」
「思いやり? そんなものあるわけないだろう」
「サヨナラ、うつくしいひと」
「だれかの夢のなかで、わたしは生きる」
「ねえ、あたしはちゃんと、前に進めているかしら」

「どうしよう。あたし、あんたのこと好きだよ」
「きみからは、きれいな血の香りがする」
(その想いが、わたしに向けられるものならいいのに)
「芝居のような人生ね」
「生きてるだけで儲けもの!」
「わたし、いまならすきっていえるかもしれない」
「ただきみを失いたくないんだ」
「敗者は死すべし」
「明日は、世界が終わる日です」
「どうかわたしを、さらっていって」

「きみの歓びと哀しみを天秤に乗せてみようじゃないか」
「生まれる前に死んでしまった、けれども僕は生きてみたい」
「もう一度、きみと一緒に星を見るんだ」
「ハローハロー、グッドモーニング」
「甘くて切なかったら、どう?」
「その血は誰のために流れるの?」
「とびきりの惨劇をご用意いたしております」
「傷口に毒、塗り込んでやるよ」
「だいじょうぶ、わたしを信じて」
「グッジョブ!なんかよくわかんないけどよくやった!」

「愚民どもめ、跪くがいい」
「悲しくなんかない。ちょっと、寂しいだけだよ」
「・・・終わりに、しようか」
「黄泉返りはせぬ。二度と、二度と」
(なあんだ、とくべつ じゃ なかったんだ。)
「無駄だ。もう絶望しか残ってない」
「鳶が鷹を生むわけないだろ」
「おお、神は我らをお見捨てになった!」
「明日も朝を迎えられますように」
「おやすみ、また明日」

「穢れた罪人は葬れ!」
「だいすきなんです」
「僕は、狂ってなんか、いない!」
「ああ、醜い。なんて汚い世界なんだ」
「それならば、永遠を生きる覚悟はあるか?」
「これでさよならじゃないよ」
「ただ、声が聞きたかったんだ」
「僕のことは赦さないで欲しい」
「かわいそうなお嬢さん、本当の孤独を教えてあげるよ。」
「あれは恋だったのかしら?」

「出来ませんお断りします人道に反しますいい加減にして下さいこれ以上言うなら5秒以内に三途の川を渡ってもらいます何か文句ありますか」
「あたしの存在が、あなたの生きる意味になるのなら」
「きみの苦しみだって憎悪だって、絶望だって受け止めるよ」
「見えない絆でつながっているよ」
「探しものは見つかった?」
「素数こそが真実なのだ」
「さあ、往っておいでなさい」
「楽園に苦しみなんかないわ。」
「この腕できみを護るよ」
「今はまだ、時期をまつの」

「世界が変わらないのではない。君が変わろうとしないのだ。」
「言葉に出せば、 なにかがかわるの?ねえ、おしえてよ」
「さみしいよ だれかたすけて」
「てめっ、待てって!」
「ひとは死ぬために生きるんだよ」
「あたしのことなんか なあんにも しらないんでしょ」
「この手に触れられないものは 信用できません。」
「爽やかに笑うな、くそたれ。」
「ねえ、青い鳥はどこへ行ってしまったの?」
「ここがあなたの居場所だから」

「ねえ、知っていた?―無知は罪なんだよ」
「だってあたし、あなたのこと愛してるもの。これ以上の言葉はないわ」
「君を幸せにすると誓うよ」
「すごく、だいきらい」
「君には、血塗られた悲劇のほうがよく似合う」
「君を幸せに出来るかどうかなんて、そんなものは愚問だ」
「もうやめとけって。不毛な恋だ。本気になったら苦しくなるだけだぞ」
「分かったでしょう?自分の身を汚さないと、この世界では生きていけないのよ。」
メアリーは死んだよ」
「きらいよ。あなたなんて大嫌い。」